ShachihataMedia > CORPORATE(法人のお客様に向けた記事) > 収納・管理 > ロットの意味とは?生産管理に役立つロット番号のメリットも解説

ロットの意味とは?生産管理に役立つロット番号のメリットも解説

ロットとは?生産現場におけるロット番号の必要性とメリット

製造業などの現場では、「ロット」という言葉がたびたび用いられます。「ロット番号」といえば製品の生産・管理などをスムーズにするため活用されるものですが、「ロット」単体では使用されるシーンによって意味が変わることがあります。

今回は、ロットそのものの意味と使用されるシーン、活用することで得られるメリットのほか、さまざまな素材でできた製品へのロット番号印字に役立つアイテムをご紹介します。生産管理に関わる方は、ぜひご一読ください。

ロットとは使用シーンにおける”製品の最小単位”

生産などの現場で用いられる「ロット」とは、製品の単位として使用されるワードであり、「一定の数量をまとまりとした最小単位」を指します。ロットあたりの数量は、基本的に製品を提供する側が独自に設定可能なので、1ロットが10個の場合もあれば、100個の場合もあるのです。

仮に1ロット=100個だった場合、「1ロットから製造を請け負います」は「100個から製造を請け負います」という意味になります。つまり、この場合のロットは「製造を請け負う最低数を提示する単位」なのです。

1個単位ではなくロットを設定する理由は、コスト管理や効率化のためです。例えば、製品を1個つくるためだけに工場を稼働させると、時間もコストもかかりすぎてしまい、赤字になってしまうこともあるでしょう。

どれくらいの単位で製造すれば赤字にならないのか、採算がとれるのかを考えて生産するためには、ロットで注文を受ける必要があるのです。

使用シーン別で「ロット」が示す意味

ここでは、「ロット」という言葉が使用されるシーンによる意味の違いをご紹介していきます。

一回の稼働あたりの製造量を示す「製造ロット」

「製造ロット」は製品を造る際の最小単位を表しています。製造ロットを規定する理由は、在庫過多などによる損失やムダなコストを防ぐためです。製造の現場では需要や受注量などをみながら生産する量を調整しており、工場全体の稼働においても製造ロットの調整は重要な意味があります。

また、時期や場所などが同じ条件下で製造された製品に番号を振って生産管理を行なう方法は「ロット管理」と呼ばれています。

注文あたりに販売する製品数を示す「購入ロット」

製品を販売する際の最小単位を「購入ロット」と呼びます。販売側が購入ロットを決めているケースがほとんどですが、交渉によって数量と価格が調整されるケースも少なくありません。

注文を受ける最小数を示す「最小ロット」

「最小ロット」は受注の最小単位を表しており、製造側がきちんと利益を出すために設定されます。例えば、最低でも50個まとめて販売しなくては利益が得られない場合、最小ロットを50に定めることで、最低限の利益を確保することができます。

最小ロットも交渉が入るケースがあり、例えば、最小ロットは50個だけど30個だけほしいといわれることもあります。その場合、利益が出ないからと断ることもあれば、販売価格を引き上げて注文を受けることもあるでしょう。

ロット番号を使った生産管理のメリット

ロット管理は、製造業におけるスムーズな稼働に役立ちます。ここでは、ロット番号を使った管理のメリットについて解説します。

工程管理がしやすい

製品にロット番号を振り分ければ、製造から在庫管理、輸送、店舗での陳列・販売に至る一連の工程を一括管理することが可能です。どの製品が、どういった流れで出荷され、どの店舗に卸されたのかを調べられるので、発注のタイミングなども把握しやすくなります。

近年は、ロット管理技術の向上により一つひとつの製品にロット番号を付けられるようになったため、より質の高い管理システムを構築できるようになっています。

不良品を特定しやすい

不良品が発見されずに出荷されてしまった場合、大きな問題につながり、企業の信頼を損なってしまう事態を招きます。しかし、ロット番号で管理していれば、すぐに製造日が特定できるため、スピーディに不良品を回収できます。

トラブルに対して迅速に動くことができれば、影響を最小限に食い止めることが可能です。また、製品回収が効率よく進めば、その後のアフターフォローに時間を使うこともできるでしょう。

さまざまな素材を扱う製造現場のロット番号印字に

生産管理などに幅広く役立つロット番号ですが、製品の素材によっては番号の印字が難しいケースもあります。また、素材の違いでインキ定着具合に差があれば、品質の保証が難しくなってしまいますよね。

スタンプを長年扱うシヤチハタでは、独自のインキ技術をもとに金属やプラスチック、ガラス、ゴムなどにもインキを定着させることができる「タートシリーズ」を展開しています。

さらに、工場で大量の製品への印字が必要な場合には、生産ラインにエアー駆動式の自動印字機「タートスタンプユニット」を組み込むことも可能です。

印字の品質が安定しており、インキの成分も安全性を確保しています。低予算で導入できるほか、高さ20cmと場所を取らないコンパクト設計なのもうれしいポイントでしょう。エアー設備が整っていれば導入は難しくないため、生産現場でのマーキング作業のために自動印字機の導入を検討している方は、ぜひ候補に入れてみてはいかがでしょうか。

タートスタンプユニットについて詳しく知りたい方はこちら

ロット番号による管理で生産をスムーズに

今回は、製造現場で多用される「ロット」についてご紹介しました。製造や管理、販売を効率よくスムーズに行うためには、ロット番号による管理が便利です。効率化はもちろん、仮に不良品が出たときも番号によってすぐに対象製品の品番や製造日を特定でき、リスクも回避できます。

ロット管理を取り入れれば、製造業の業務効率をより高められるはず。ロット管理表を作成して在庫状況を可視化するなど、今一度方法を見直し、より効率的に生産できる環境を整えてみてはいかがでしょうか。