ShachihataMedia > PERSONAL(個人のお客様に向けた記事) > HOME > 手書きで伝える「おめでとう」!バースデーカードづくりのポイント

手書きで伝える「おめでとう」!バースデーカードづくりのポイント

手書きで伝える「おめでとう」!バースデーカードの文章&装飾のコツ

家族や親しい人の誕生日。お祝いの言葉とともに、普段は口に出して伝えられない気持ちを、オリジナルのメッセージカードに綴ってみてはいかがでしょうか。世界に一つだけのバースデーカードは、きっと忘れられない思い出になるはずです。

今回は、メッセージカードを書く際のポイントやデコレーションツール、おすすめのレシピなどをご紹介します。誕生日にぴったりのメッセージ例も紹介しているので、ぜひご覧ください。

メッセージカードを書く際の3つのポイント

いざメッセージカードを書こうと思っても、どんな内容にすればいいか迷ってしまうもの。考えすぎて長くなったり、気恥ずかしくて何だかそっけない感じになったり、最初にイメージしていた通りにまとまらないこともあります。

そこで、メッセージカードの文章を書く際の3つのポイントをご紹介します。

飾らずシンプルに

メッセージカードの文章は「飾らずシンプルに」が鉄則です。たくさん詰め込んでしまうと、本当に伝えたい言葉の印象が薄れてしまいます。また、格好いい言葉を選ぼうとすると、考えすぎて筆が止まってしまうこともあります。

あなたが相手に一番に伝えたいことは何ですか?例えば、それが「おめでとう」「ありがとう」「これからもよろしく」などのたった一言でも、本当に贈りたい気持ちは十分に伝わります。

あなたらしい素直な言葉で、文章を考えてみてくださいね。

感情が伝わりやすい手書きで

日常の中で、文章を書く機会はあまりないかもしれませんが、大切な人の特別な日には、ぜひ手書きのメッセージを贈りましょう。

文字には一人ひとり異なるクセがあり、それが個性となって表れます。手書きのメッセージからは書いた人の感情が読み取れたり、筆跡を覚えている親しい間柄であれば思い起こされる記憶があったり、特別なカードに仕上がるはずです。

久しぶりの手書きでは、「思ったようにきれいな字が書けない」「文字のバランスが整わない」など苦戦することもありますが、その分気持ちが伝わるメッセージカードになるものです。

心に届く言葉選び

あなたがもらって嬉しい言葉はどのようなものですか?

普段はあえて口に出さない感謝の言葉でしょうか。変わらない友情や楽しい日々を思わせる希望の言葉でしょうか。幸せを願う愛情の言葉でしょうか。

自分ならどんな言葉をもらいたいか、どんな言葉を贈れば相手に喜んでもらえるのか、相手の笑顔を思い浮かべながらメッセージを考えてみてくださいね。

誕生日に贈る素敵なメッセージ例

バースデーカードに書くメッセージに決まりはありません。相手を思いやる心のこもったものであれば自由です。とはいえ、「伝えたいことが上手にまとめられない」「これだと思える一文が思い浮かばない」という方も中にはいることでしょう。

誕生日にふさわしいメッセージ例を贈る相手別にご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

家族へ贈るメッセージ

家族へのメッセージで大切なのは、「感謝」です。もちろん家族との関係性によって伝えるべき言葉は変わりますが、「ありがとう」「あなたがいてくれてよかった」「あなたの家族で幸せです」という気持ちは、相手が親や夫(妻)、子どもであっても変わらないでしょう。気恥ずかしくて口には出せない気持ちを、素直に言葉にしてみましょう。

お誕生日おめでとう。こうして毎年一緒にお祝いできることを心から幸せに思います。いつも支えてくれてありがとう。

Happy Birthday! 今までありがとう。これからもまだまだ面倒をかけますが、それ以上にたくさん親孝行をしたいので、いつまでも元気でいてください。

誕生日おめでとう! お仕事お疲れさま。いつも家族のために頑張ってくれてありがとう。これからも、よろしくお願いします。

友だちや恋人へ贈るメッセージ

友だちや恋人へは、「一緒に過ごした時間」を込めたメッセージを綴りましょう。二人だけしかわからないエピソードを添えたり、励ましや笑い、幸せな未来を予感させる言葉を入れたりすることで、親密で特別なバースデーカードに仕上がります。あなたにしか書けないメッセージを考えてみてくださいね。

お誕生日おめでとう。 お互い人生を大いに楽しもうね。素敵な一年になることを心から願ってます。

お誕生日おめでとう! 出会ってからもう○年も経つんだね。いつも側で励ましてくれてありがとう。これからも、楽しく笑いながら、たくさんの思い出をつくっていこうね。

大好きな○○ Happy Birthday!これからもずっと一緒にいてください。

上司や目上の方へ贈るメッセージ

上司や目上の方へ贈るバースデーカードには、健康や幸せ、さらなる活躍を願うメッセージがおすすめです。相手との関係性によっては、多少くだけた表現を使用しても大丈夫ですが、失礼にあたらないように、言葉選びや言葉づかいには注意しましょう。

お誕生日おめでとうございます。健康で幸多き一年となりますようお祈り申し上げます。

お誕生日おめでとうございます。これからも喜びに満ちあふれた幸多き日々が訪れますように。

お誕生日おめでとうございます。 いつもアドバイスいただき、感謝しております。 頼りない後輩ですが、これからもご指導よろしくお願いします。

英語のメッセージもGOOD

「ストレートなメッセージは少し恥ずかしい」という方は、英語で短めのメッセージを添えるのもいいでしょう。さらっとした一文を添えるだけでも画面が引き立つので、英語が苦手な方でも安心です。むしろ難しい長文は受け取る相手にも英語力を求めてしまうため、シンプルにまとめることを意識してください。

Happy birthday!Hope your special day is filled with happiness. (誕生日おめでとう!あなたの特別な日が喜びでいっぱいになりますように。)

Happy birthday!Thanks for your mighty smile. (誕生日おめでとう!すてきな笑顔をいつもありがとう。)

Happy birthday!I feel honored to call you my friend. (誕生日おめでとう!あなたを友だちと呼べることを誇りに思います。)

手書きの良さを引き立てる!デコレーションツール

バースデーカードを含め、メッセージカードづくりでは、相手の年齢や性別、好きなものなどをイメージしたデザインを意識しましょう。

こちらでは、メッセージカードのアレンジに役立つデコレーションツールをご紹介します。

マスキングテープやお花で華やかに

マスキングテープは何度も貼り直せるため、初めてデコレーションに挑戦する方でも安心して使用できます。

色や柄、素材がさまざまで、選ぶものによって印象がガラッと変わります。カードの縁取りをしたり、短くカットして無造作に貼ったりしながら、オシャレで素敵なメッセージカードに仕上げてみてくださいね。

また、華やかさと立体感をプラスするなら、ドライフラワーを添えるのも良いでしょう。短めにカットしたドライフラワーをマスキングテープで貼り付けるだけで、オシャレ度がアップしますよ。

スタンプや消しゴムはんこで鮮やかに

アルファベットのスタンプでメッセージを書いたり、手づくりの消しゴムはんこでカードに絵柄を添えたりすると、独特の温かみが感じられる個性的なカードに仕上がります。

柄付ゴム印
販売価格 ¥1,276~19,008

イロドリパッド
販売価格 ¥990

色とりどりのスタンプ台を揃えれば、より特別感のあるカラフルでかわいいカードをつくれますよ。

消しゴムはんこの基本の彫り方を知りたい方はこちら
文字はんこの彫り方のコツを知りたい方はこちら

ハンドレタリングでオシャレに

ハンドレタリングでメッセージを書けば、オシャレで格好いいカードになります。英語のメッセージと相性が良いので、ぜひ試してみてください。

Artline Stixブラッシュマーカー
販売価格 ¥132

シヤチハタ「Artline Stixブラッシュマーカー」は握りやすい形状で、芯が柔らかく、ハンドレタリング初心者の方でも扱いやすくておすすめですよ。

ハンドレタリングについて詳しく知りたい方はこちら
「Happy Birthday」の書き方のポイントを知りたい方はこちら

バースデーカードにおすすめ!ハンドメイドレシピ

クラフト初心者の方へ、バースデーカードにおすすめのハンドメイドレシピ「いちごのグリーティングカード」についてご紹介します。

いちごのグリーティングカード

消しゴムはんこの「いちご」がかわいらしいグリーティングカードのレシピです。シンプルなデザインなので初心者でも挑戦しやすく安心です。いちごを別の果物に変えてもかわいく仕上がりますよ。もちろん、動物や植物でもOK。誕生日はもちろん、ちょっとした贈り物に添える際にもピッタリです。

消しゴムはんこに使用しているスタンプパッドは、シヤチハタ「いろもよう」です。

いろもよう
販売価格 ¥715

日本の伝統色から生まれた色を取り揃えており、いちごのグリーティングカードでは「珊瑚色・常盤色」の2色を使用しています。

いちごのグリーティングカードのつくり方は、以下のリンクから確認してみてくださいね。

いちごのグリーティングカードのレシピを知りたい方はこちら
いちごのグリーティングカードのアレンジレシピはこちら

誕生日などのお祝いには手書きのメッセージカードを贈ろう

誕生日をはじめとした特別な日に贈り物をするなら、ぜひ手書きのメッセージカードを添えてあげましょう。

誕生日は毎年必ず訪れますが、その年齢になる相手を祝えるのは人生でたった一度きりです。いまこの時に伝えたい言葉を、あなたらしく綴ってみてください。普段は口に出せない気恥ずかしい言葉も、カードでなら素直に伝えられるはずです。