法人の実印

法人の実印とは、会社を設立する際に法務局に対して登録する印鑑のことを言います。法的な拘束力をもち、法人としての契約や公的機関に提出する書類に捺印する際に使用します。また、代表取締役の変更があったときや株券を発行する際にも必要となります。代表者印、会社実印、丸印と呼ばれることもあります。

オススメの書体

認印書体のご選択は、ご注文時の「印面設定画面」にてお選びいただけます。
重要な契約などで法人の証明として使うので、偽造されてしまうと危険です。
そのため、読みにくく偽造の心配が少ない「篆書体(てんしょたい)」がおすすめです。

形状の違い