ShachihataMedia > PERSONAL(個人のお客様に向けた記事) > OFFICE > 業務がサクサク捗る!おすすめのオフィス文房具6選

業務がサクサク捗る!おすすめのオフィス文房具6選

突然ですが、あなたの身の回りにある文房具は仕事に役立っていますか?

文房具は種類も役割もさまざまで、中にはオフィス業務を円滑に進めるためにつくられたものもあります。それらを上手く使い、日々の仕事をさらに“効率化”してみてはいかがでしょうか。

今回は、オフィス業務に役立つ文房具をご紹介していきます。仕事中に活躍する文房具を探している方や業務効率化を図りたい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

仕事ができる人はデスクが整理整頓されている

すてきな文房具たちをご紹介する前に、まずは自分の会社のデスク周りを思い浮かべてみてください。あなたのデスクはきれいに整理されているでしょうか。もしかしたら、自信を持って「はい!」とは言えない方もいるかもしれません。

片付けようとは思っていてもなかなかできない、という方は少なくありませんよね。仕事と比べるとどうしても優先順位が低くなってしまいますし、ついつい後回しにしてしまうものです。しかし、デスクの整理整頓には明らかにメリットがあります。例えば、「探しものの時間削減」や「業務の効率アップ」などが挙げられるでしょう。

書類や文房具、USBなどパソコン周りのアイテムは、業務で使う頻度が高いものほどデスクの上に出しっぱなしにしてしまいがち…。「すぐ使いたいものが埋もれて見つからない」という経験をしたことがある人も多いはずです。使用後は毎回きちんと所定の場所に戻し、こまめに整理整頓するクセを付ければ、いざ使いたいときに探す手間がかからずスムーズです。また、これまで探しものなどに費やしていた時間を実務にあてられるので、業務効率や生産性の向上も期待できます。

あなたのデスクは整理整頓されていますか?

もしも自信を持って「はい!」と言えないなら、仕事が始まる前または終わった後に片付ける時間を設けてみましょう。定期的に片付けるクセを付ければ、仕事のパフォーマンスもグッと高まります。

デスクの整理整頓に関連する記事はこちら

ジャンル別おすすめ文房具6選

オシャレな文房具もすてきですが、そこに機能性がプラスされれば一生手放せない相棒になるでしょう。

ここでは、ジャンル別におすすめの文房具をご紹介します。

筆記用具

筆記用具は使う頻度が高い文房具の一つ。ビジネスパーソンにとって、業務に役立つ筆記用具を揃えておくことは望ましいと言えます。例えば、書類作成などで印鑑(個人印)を押すことがありますが、そのときボールペンと印鑑が一緒になっていれば手間が省けて便利ですよ。

ネームペン・パーカー エアフロー

ネームペン・パーカー エアフロー
希望小売価格 ¥8,100+消費税

シヤチハタと、筆記具ブランド「PARKER(パーカー)」とのコラボアイテムです。ビジネスシーンを華やかに彩るスタイリッシュなデザインに、滑らかな流線型のボディーが手にしっくりとなじみます。名入れもできるので、大切な人へのプレゼントにもぴったりですよ。

上部にはシヤチハタタイプのネーム印がプラスされているので、印鑑を持ち歩いたり探したりする手間がなく効率的です。なお、カラーはゴールデンパールGTのほか、ラックブラックGT、シルバーパールCT、クリスタルブラックCT、マリンブルーCT、マジェンタCTがあります。

ネームペン・パーカー プラウディ

ネームペン・パーカー プラウディ
希望小売価格 ¥6,100+消費税

上記と同じくパーカーのコラボアイテムで、シヤチハタ付きのボールペンです。クリップはパーカーの象徴でもある”矢羽”がモチーフにされており、本体のマットな質感と合わさって高級感を醸し出すデザインとなっています。

なお、カラーはシルバーCT、ブラックCT、ブルーCT、レッドCTの4色から選べます。

付箋・メモ

付箋やメモは、業務連絡や伝言などを書き留めておくのに必要です。とくに電話の取り次ぎは、ビジネスパーソンなら一度は経験したことがあるでしょう。普通の付箋やメモに内容を書き留めるのもいいですが、よりわかりやすくメモを残したいなら、次のアイテムを活用してみてはいかがでしょうか。

オピニふせん用伝言メモスタンプ

オピニ ふせん用伝言メモスタンプ 電話&来訪メモ
希望小売価格 ¥680+消費税

ポンっとひと押しするだけで、お手持ちの付箋やメモ用紙(75mm角)を伝言メモにできるスタンプです。電話または来訪があった際、相手の名前や用件、時間などを書き留めることがありますが、こちらのスタンプは必要項目(電話なのか来訪なのか、連絡する必要があるのか待ちでいいのかなど)がチェック式になっているため手軽に書き込めて便利です。

スタンプの取っ手が指にフィットするようにつくられているので、片手でもきれいにスタンプを押せます。手書き風のフォントが、事務的な作業にやさしさと温かさをプラスしてくれますよ。

認印・スタンプ関連

書類作成や書類訂正、一般事務(出勤簿・伝票関連など)で使用する印鑑もビジネスパーソンには欠かせないアイテム。気軽に使えるシヤチハタ印を使っている人も少なくないでしょう。

通常、シヤチハタ印というと、キャップを外してポンっと押すものを想像する方も多いはずです。しかし、最近ではキャップの付け外しが必要ないものや、認印と訂正印の2つの印面が付いたものも登場しています。

また、丸型や楕円型のイメージが強い印鑑ですが、四角形のものもあり見た目の印象も異なります。個人の認印としても使用できるので、少し個性的な印鑑がほしいという方にはおすすめです。

キャップレス9

キャップレス9
希望小売価格 ¥1,400+消費税

シヤチハタの「キャップレス9」は、キャップの付け外しがいらないシヤチハタ印です。片手で簡単になつ印できるので、業務もサクッと捗るでしょう。安心ロックが付いているので、持ち運びの際に誤って押される心配もありません。

書体は8種類、インキの色は6種類から選べるほか、ボディーカラーはブルー、ピンク、ブラック、ホワイト、オレンジ、イエローグリーンの6色展開です。ぜひ、お気に入りの色を選んでみてくださいね。

ペアネーム

ペアネーム
希望小売価格 ¥2,200+消費税

シヤチハタ「ペアネーム」は、大小2つのネーム印(9mm・6mm)が1つになっています。認印・訂正印として使い分けできるので便利。コンパクトで持ち運びしやすいですし、収納スペースも取らないのでおすすめです。

書体は8種類、インキの色は6種類から選べるほか、ボディーカラーはシルバー、ブルー、パールブルー、ピンク、パールピンクの5色から選べます。

ドレスアップネーム9

ドレスアップネーム9
希望小売価格 ¥2,150+消費税

ベーシックなシヤチハタ印が好きだけど、ボディーカラーなどにはこだわりたいという方におすすめなのが、シヤチハタ「ドレスアップネーム9」です。ベーシックは黒ですが、好きな色にカスタマイズできます。

ホルダー、印面本体、キャップを別の色にすることが可能なので、自分だけのオリジナルのネーム印がほしい方にはぴったりですよ。

オピニ お願いごとスタンプ

オピニ お願いごとスタンプ
希望小売価格 ¥400+消費税

認印のほか、気軽にメッセージを伝えられるスタンプを揃えておくとオフィス業務に役立ちます。例えば書類の記入をお願いしたり、逆にこちらから記入した書類を提出したりする際に「至急お願いします」や「確認お願いします」などの一言メモを添えますよね。簡単な作業ですが、書類が多かったり忙しかったりすると手間に感じてしまうことも…。

そんなときに役立つのが「お願いごとスタンプ」です。付箋にスタンプを押して書類に貼るだけで簡単に一言メモができ上がります。仕事で使いがちな18種類の定型メッセージをスタンプにしているので、きっと役立つはずですよ。

収納グッズ・ファイル

冒頭でも触れたように、デスクの整理整頓は業務効率に影響します。とはいえ、日頃から片付け慣れていないと、何から始めていいのかわかりませんよね。デスク整理で意識したいのは「物の指定席」を用意することです。収納グッズやファイルなどを使い、デスク上や引き出しに物を置く(しまう)ための空間を設けましょう。

アクリルケースやツールボックスを使えば文房具や小物などをスッキリとまとめられますし、書類などはボックスやファイルなどでプロジェクトごとにまとめると雑多になりません。ラベリングすればより管理しやすくなるのでおすすめですよ。

のり・クリップ・はさみ

のりやステープラー、クリップ、はさみなども資料の作成やまとめる際に役立つためデスクに置いておくと便利です。

のりはベタベタするから嫌という方もいるでしょうが、スタンプを押すようにして使う粘着テープのりはベタベタしませんし、乾くのを待つ必要がないのでおすすめです。また、針を使わないステープラーや、通常のものよりも強力なクリップもあるので、厚めの書類をまとめる際にも重宝するでしょう。

さらに、はさみも種類が豊富で、左利き用のはさみやクレジットカードもサクッと切れるほど切れ味のいいはさみもあります。用途に応じて使い勝手のいいものを選んでみましょう。

使用シーンを想像してオフィス文房具を選ぼう

仕事に主軸に置いて文房具を選ぶなら、“現在の業務に役立つかどうか”を考えることが大切です。オフィス文房具は味気ないものばかりという時代は終わり、今では便利でオシャレでおもしろい文房具が数多く登場しています。

しかし、いくら優れた文房具でも、実際の業務で使いこなせないのはもったいないですよね。頭の中で使用シーンを想像しながら、あなたや同僚の業務をサポートしてくれる文房具を探してみてください。