ShachihataMedia > CORPORATE(法人のお客様に向けた記事) > BUSINESS > ナンバリングスタンプとは?メリットとおすすめスタンプをご紹介

ナンバリングスタンプとは?メリットとおすすめスタンプをご紹介

ナンバリングスタンプとは?メリットとおすすめスタンプをご紹介

ナンバリングスタンプは押すごとに数字が繰り上がっていくスタンプで、書類に通し番号やページ数を振るなど主に事務作業で活躍します。なつ印のたびにダイヤルを回して数字を変更する手間がなく、会議資料や管理書類、伝票などへ手軽にナンバー付けが可能です。

今回は、ナンバリングスタンプの概要と使用するメリットに加えて、シヤチハタ「ページナンバースタンプ」についてご紹介していきます。使用方法なども解説しているので、ぜひご覧ください。

工場ラインなど産業機械への組み込みを検討中の方はこちら

ナンバリングスタンプとは?

ナンバリングスタンプとは、書類などに連続した番号をなつ印するのに便利なスタンプです。また、製造した商品へのロット番号やシリアルナンバー、日付などをなつ印する目的で使用されることもあります。

通常は1連続(一回)スタンプするごとに、自動的に一つ番号が繰り上がるようになっています。なつ印するたびに印面の数字を取り替えたり、セットし直したりする必要がないため、スムーズに事務作業が行えます。

中には、2連続・3連続と定数回ごとに番号が繰り上がるように設定できるものもあります。例えば契約書などの場合、自社の保管用と取引先への提出用で複数の紙に同じ数字を押すこともあります。枚数に合わせて回数の設定をしておけば、数字が変わらずに都度調整する必要がありません。

また、0連続に設定すれば、ずっと同じ数字だけを押すこともできます。なつ印する書類の数に応じて、適切な連続様式に設定しましょう。不要の桁については、0として表示したり、打刻なしにしたりすることもできます。

このほか、任意の番号からなつ印をはじめる場合、数字の彫られている部分を回転させてセットする必要があります。印面を回転させる際は、説明書などに記載の手順で印面を傷つけないようご注意ください。

なお、オーダーメイドで発注すれば、アルファベットや漢字などを組み合わせたナンバリングスタンプを作成することも可能です。作業の内容などに合わせて、適切なものを用意してみてはいかがでしょうか。

ナンバリングスタンプのメリット

ナンバリングスタンプのメリットは、数字の重複などのミスが起こりにくいことです。手書きだと番号を記憶しながら作業しなければならず、同じ数字を書いてしまうこともあるでしょう。しかし、ナンバリングスタンプなら自動で番号が繰り上がっていくため、その心配がありません。

また、手書きだと書き手のクセが出てしまい、場合によっては数字が読みとりづらくなることもあります。しかし、ナンバリングスタンプは数字の見た目が書き手に左右されることがないので、見づらいなどの問題もなくなります。

シヤチハタ「ページナンバースタンプ」

シヤチハタ「ページナンバースタンプ」は、本体がプラスチック製、印面がゴム印でできたナンバリングスタンプです。なつ印するごとに数字が自動で繰り上がる仕組みになっており、軽くて持ちやすいほか、印影がきれいなので会議資料や管理書類、配布資料、伝票などの書類に通し番号をつける際に役立ちます。スライド部分が透明になっているので、なつ印する位置を確認しやすい点も便利です。

ページナンバースタンプ 2号 明朝体
販売価格 ¥2,640

ページナンバースタンプ 2号 ゴシック体
販売価格 ¥2,640

数字の書体はゴシック体と明朝体の2種類から選ぶことができます。側面についたダイヤルを回すだけで簡単に数字の変更が可能。油性顔料系インキを使っているので、長期保存する書類のなつ印にもおすすめですよ。

「ページナンバースタンプ」の使い方

ページナンバースタンプは、以下の手順で使用しましょう。

1.本体を両手で持ち、カチッと音がするまで透明スライドを押し込む
2.左右にあるダイヤルを回して印字ベルトの数字をセットする
3.本体横にあるロックボタンを押し、透明スライドを戻して使用する

ページナンバースタンプは1連続で繰り上がっていく形式で、3桁のうち1桁目と2桁目まで自動で繰り上がる仕組みになっています。

一番左の3桁目は自動繰り上げではないので、続けて押して番号が重複しないように注意しましょう。

例えば「 01」に揃えてなつ印していくと1〜99までは番号が自動で繰り上がりますが、3桁目の数字は自動ではないので、切り替えないと「 00」になってしまいます。「99→100」「199→200」「299→300」というように、3桁目が切り替わるタイミングには(下2桁が99になったら)、ダイヤルで数字を合わせましょう。

1桁目側にあるダイヤルは1桁目を動かすダイヤルで、3桁目側にあるダイヤルは真ん中の2桁目と3桁目を動かすダイヤルです。後者は引っ張り出せるようになっており、そのままだと2桁目が、引っ張り出すと3桁目が動く仕組みになっています。手を汚すことなく数字を調整できる点も魅力の一つといえるでしょう。

<インキの補充方法>
1.透明スライドを押し込み、ロックする
2.カートリッジ式パッドを取り外す
3.スタンプパッドの表面に、全体が染まるくらいインキを塗布する(約10滴で約300回の連続なつ印が可能)
4.カートリッジ式パッドの向きに注意し、本体にセットする(カチッと音がするまで押し込みましょう)

ナンバリングスタンプならシヤチハタにおまかせ

ナンバリングスタンプは、自動的に次の番号に繰り上がるため、事務作業を効率的に進めるうえで役立ちます。

シヤチハタのナンバリングスタンプ「ページナンバースタンプ」は、数字だけのシンプルなつくりですが、複雑さがない単機能だからこそ気軽に使える魅力があります。数字の視認性にも優れており、書体は2種類から選ぶことができます。

「ナンバリングスタンプの購入(買い替え)を検討している」「シンプルで使いやすいナンバリングスタンプを探している」という方は、ぜひページナンバースタンプもチェックしてみてはいかがでしょうか。