ShachihataMedia > PERSONAL(個人のお客様に向けた記事) > OFFICE > 仕事を効率化するビジネス文具とは?選び方とおすすめアイテム

仕事を効率化するビジネス文具とは?選び方とおすすめアイテム

プライベートはもちろん、ビジネスシーンでも文具を使う機会は多いものです。高機能なアイテムがたくさんあるからこそ選ぶ際に迷ってしまいますが、どうせなら仕事を効率化するものを選びたいですよね。

ビジネス文具には、業務に役立つものが数多くあります。これまで発生していた手間を省き、作業時間を短縮できる文具を活用すれば、業務効率がぐっと高まるはずです。

そこで今回は、仕事を効率化するビジネス文具の選び方とおすすめのアイテムをご紹介します。

仕事を素早くこなす鍵!それは文具に隠されていた?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2-4-2.jpg

仕事を効率よく進めている方は、文具にもこだわっていることが多い傾向にあります。

例えば、ペン一本とっても、使い心地に大きな差がありますよね。途中でインキがかすれてしまうと書き損じが起きる可能性が高くなりますし、そうなると作業の手が止まってしまい、場合によっては書類を書き直さなくてはならないでしょう。こうした些細なミスが重なると、業務のスピードはどんどん落ちてしまいます。

もちろん、文具ですべての効率化がかなうわけではありません。しかし、文具のスペックにこだわることで、少なくとも前述したような問題は起こりづらくなるでしょう。ビジネスシーンを想定してつくられた文具は、業務の無駄を省き、作業スピードを向上させてくれます。少しでも仕事を素早くこなせるように、ビジネスシーンで使用する文具はスペックを重視して選ぶといいかもしれません。

作業効率につながるデスクの整理整頓のポイントについて詳しく知りたい方はこちら

効率化を図るなら要チェック!ビジネス文具の選び方

文具と一口に言っても、その種類はさまざまです。人によって使用頻度も異なるため、資料整理が多い、文字をよく書くなど、自分の業務に照らし合わせて役立つ文具を選ぶとストレスが軽減できます。

以下では、使用頻度の高いビジネス文具を選ぶ際のポイントをご紹介します。

メモ帳・付箋紙は「使い勝手」を重視して選ぶ

メモ帳や付箋紙のように使用頻度が高い文具は、「使い勝手」を考えて選ぶことが大切です。電話の取り次ぎや、急を要する伝言を書く際などに使うことが多いため、スムーズにメモ書きができるか、片手でも扱いやすいかなどを確認しましょう。

なお、そうしたよく使う文具は、自分の活動動線に置くことをおすすめします。常に置いておく場所を決めることで使うときに探す手間がありませんし、手の届く範囲に置くことでスムーズに対応することが可能です。

ノートは「機能性」に優れたものを選ぶ

アイデアを書き留めたり、情報整理したり、さまざまなシーンで活用できるノートは「機能性」に優れたものを選びましょう。

例えば、罫線にドットが入ったノートは文章だけでなく、図形、表を書く際にも重宝します。文頭をきれいに揃えたり、図形や表の枠線の目印にしたりと、ノートをきれいにまとめることができます。

また、見開きページの両端に日付とタイトルが書き込める欄が付いているノートもあります。 見出しになるので探しやすく、色を塗って案件を整理できるので、会議で毎回手書きメモを取っている方にはぴったりのノートといえるでしょう。

筆記用具は「書き心地」にこだわって選ぶ

ボールペンやシャープペンシルを選ぶ際は、「書き心地」にこだわって選びましょう。パソコンやタブレットなどが普及する現代ではメモなども電子化されていますが、それでも手書きでメモを取る機会は意外と多いもの。むしろ、電子メモでまかなえるからこそ、あえて手書きに価値を見出している方も少なくありません。

書き心地がよくて使いやすい筆記用具は、一度使うとクセになります。書くストレスを軽減しながら、仕事に励んでみてはいかがでしょうか。

ペンケースは「サイズ感」に着目して選ぶ

ペンケースは「サイズ感」に着目して選びましょう。例えば、営業職のように外回りが多い方は、ペンケースをビジネスバッグに入れて持ち運ぶ機会が多いでしょう。バックに入れても邪魔にならず、商談の場でもサッと取り出せるように、シンプルかつスリムなものがおすすめです。

一方、デスクワークが多い方は筆記用具以外のアイテムも収納できるペンケースがおすすめです。電卓やステープラー、付箋、修正テープなどが入る大容量タイプは、一箇所にすべて収納できるため重宝します。ペン立て代わりに使える自立式のものなら、より使い勝手がいいでしょう。

印鑑は「使い勝手」「機能性」を考慮して選ぶ

ビジネスシーンでは、印鑑を使用するシーンも多々あります。ネーム印を持ち歩く方もいますが、署名・なつ印をする際にペンと印鑑を持ち変えるのが手間だと感じる方もいるかもしれません。

印鑑とペンが一本になった印鑑付きボールペンなら、署名・なつ印をスマートに行えます。デザイン性に優れており、高級感が感じられるものを選べば、ビジネスシーンにも違和感なくなじむでしょう。

シヤチハタのおすすめ!仕事を効率化するビジネス文具5選

こちらでは、仕事を効率化するビジネス文具を5つご紹介します。

ネームペン・パーカー プラウディ

ネームペン・パーカー プラウディ
販売価格 ¥6,710~7,370

「ネームペン・パーカー プラウディ」は、高級筆記具「PARKER(パーカー)」とのコラボから誕生したネーム印付きペンです。スタイリッシュで美しいフォルムと滑らかな書き心地にシヤチハタが誇るネーム印が備わっているため、 ビジネスシーンを支える心強い相棒となるでしょう。
※「シャチハタ」ではなく「シヤチハタ」です。

名入れができるので、 より特別感のある一本に仕上げることもできます。ギフトや贈答品、記念品としても喜ばれるアイテムを、ぜひ手元に迎えてみてはいかがでしょうか。

なお、書体とインキ色は既製品が楷書体で朱色、別注品が9書体で6色、カラーバリエーションはブルーCT、レッドCT、シルバーCT、ブラックCTの4色展開です。

ネームペン キャップレスエクセレント

ネームペン キャップレス エクセレント
販売価格 ¥5,060~10,450

「ネームペン キャップレスエクセレント」は、ネーム印とボールペン・シャープペンシルが一本になったアイテム。 スライド式キャップレスなので、なつ印時にキャップを取り外す手間がなく、キャップを紛失する心配もありません。印面キャップの開閉は片手でできるため、 署名・なつ印までのタイムラグを大幅に軽減できます。

スタイリッシュでモダンなデザインなので、ビジネスシーンにも違和感なくなじみます。 持ち歩きに便利なほか、流行り廃りのない洗練されたフォルムは、使うたびに愛着がわくはずです。

なお、書体は9種類、インキの色は6色です。カラーバリエーションは、シャンパンゴールド、ワインゴールド、シャインシルバー、シルバー、ブルー、オレンジ、マットブラックの7色展開です。

ネーム9 着せ替えパーツ キャップレスホルダー

ネーム9 着せ替えパーツ キャップレスホルダー
販売価格 ¥880

「ネーム9 着せ替えパーツ キャップレスホルダー」は、シヤチハタ「ネーム9」の着せ替えパーツです。お手持ちのネーム9をセットするだけで、キャップレス仕様にできます。キャップを開閉する手間がなくなるので、なつ印作業がスピーディになります。 ロック機能が付いているので、印面が飛び出る心配はありません。

なお、カラーバリエーションはブラック、ブルー、ペールブルー、ペールピンク、レッド、ホワイトの6色展開です。

オピニ お願いごとスタンプ

オピニ お願いごとスタンプ
販売価格 ¥440

「オピニ お願いごとスタンプ」は、仕事のメモでよく使う定型メッセージをスタンプにしたアイテムです。「ご確認ください」「訂正してください」「電話がありました」など、合計18種類のバリエーションがあり、優しい印象の手書き風フォントになっています。

メモを何度も手書きする手間がなくなるほか、スタンプ台を使わずに連続してなつ印できるため、正確かつスピーディに事務作業を行うことが可能です。

オピニ ふせん用伝言メモスタンプ

オピニ ふせん用伝言メモスタンプ 電話&来訪メモ
販売価格 ¥748

オピニ ふせん用伝言メモスタンプ 確認&承認メモ
販売価格 ¥748

「オピニふせん用伝言メモスタンプ」は、市販のメモや付箋紙(75mm角)にポンっと押すだけで伝言メモがつくれるスタンプです。「電話&来訪メモ」と「確認&承認メモ」の2種類があり、必要な項目を確認しながら記入できます。

手書き風フォントを使用しているので、やわらかでやさしい印象に。グレーのインキなので、記入した文字が目立って見やすくなっています。ドットの方眼付きで、文字をまっすぐきれいに書けますよ。

スタンプは、インキ補充なしで約500回連続使用が可能です。補充すれば何度でも使えるので環境面でも経済面でもエコですよ。

仕事を効率化するビジネス文具を手元に置こう

文具はたくさんの種類があるからこそ、選ぶ際に迷ってしまいがち。しかし、ビジネスで使用するなら、仕事を効率化する機能性の高い文具を選ぶことが大切です。

ご紹介した文具を参考にしながら、ビジネスパートナーにふさわしい文具を探してみてくださいね。

おしゃれで機能的な文具について詳しく知りたい方はこちら
便利なオフィス文具について詳しく知りたい方はこちら