コラム
2022.11.16(更新日 2023.01.26)

フリマアプリ出品者向け!梱包方法の基本と応用を解説

フリマアプリ(メルカリ など)の取引では、できるだけ丁寧に梱包することが大切です。破損や水濡れなど配送時のトラブルを防止できるほか、送料の負担軽減や購入した方の満足度向上、リピート率アップにもつながります。

今回は、フリマアプリ(メルカリ など)の取引で役立つ商品梱包のポイントについてご紹介します。商品を出品している方、これからフリマアプリを始めたい方は、ぜひご参考にしてくださいね。

【フリマアプリ(メルカリ など)出品の基本】梱包をマスターしよう

まずは、最低限押さえておきたい基本の梱包について解説します。

袋や緩衝材で包み防水対策をする

商品の梱包は万が一、配送中に雨が降ったときのために、防水対策を行いましょう。袋や緩衝材に包んでから梱包すれば、雨で段ボールが濡れたとしても中の商品は守られます。購入した方をがっかりさせることがないよう、毎回忘れずに行ってください。

また、封筒で送る際は封筒ごと透明な袋で覆うと安心です。宛名書きが水でにじむことがないため、配達する方にも親切ですし、きれいな状態で届くため購入した方にも満足してもらえるでしょう。

キレイな袋や箱に入れる

商品を入れる袋や箱は、状態がきれいなものを選びましょう。グシャグシャの袋や、折り目がたくさんついた段ボールで商品を発送すると、受け取る側の気分を害するおそれがあります。商品そのものに問題はなくても、信頼を失うかもしれないため、袋や箱にも気を配るよう心がけましょう。

中身が透けないように梱包する

何を買ったのか知られたくない方は少なくありません。購入した方のプライバシー保護のためにも、中身が透けないように梱包しましょう。

キレイな見た目を意識する

シンプルですが、きれいな見た目を意識することも大切です。例えば、自宅にある袋や段ボールを再利用する場合は、汚れや破損の少ないものを選びましょう。

また、封筒にテープを貼ったり、段ボールにガムテープを貼ったりするときは、手でちぎるよりもハサミで切るほうがきれいに見えます。受け取った相手が喜んでくれるような、丁寧な梱包を心がけてくださいね。

かわいらしさをプラスして特別感を出す

購入した方にとって、これから届く商品は待ち遠しいものです。より特別感を出すために、梱包にかわいらしさをプラスしましょう。例えば、マスキングテープを貼ったり、スタンプを押したりと、工夫次第でかわいい仕上がりになりますよ。

出品者負担の送料は梱包方法で最小限に抑えよう

梱包方法を工夫すれば、送料を抑えられます。下記にポイントをまとめているので、ぜひ試してみてください。

箱よりも袋を使ってコンパクトにまとめる

袋を使って梱包すれば、段ボールなどの箱よりもコンパクトになります。その分、衝撃には弱くなるので緩衝材に包んでから入れてくださいね。紙袋を使用する場合は、持ち手の部分を切ると厚みが抑えられます。

袋に空気穴を開けて膨らみを防止する

水濡れ防止のためにビニール袋に衣類を入れる場合、厚みが出ないように平たくたたみ、さらに袋に空気穴を開けて膨らみを防止します。空気が抜けてコンパクトに梱包できます。

段ボールの底に直接固定する

精密機器やワレモノ、型崩れしやすいもの以外は、基本的に袋での梱包がおすすめですが、中には段ボールでなくては心配というものもありますよね。段ボールいっぱいに緩衝材や新聞紙を詰めるのも良いですが、緩衝材で包んだ商品を段ボールの底に直接固定するのもおすすめです。

また、家電に付属したネジのように小さなパーツは紛失する危険性があるため、小袋にまとめ、箱に直接貼って固定しましょう。

衣類1枚なら下敷きを使ってA4サイズ以下に収める

Tシャツなどを1枚だけ発送するなら、A4サイズ以下(厚さ3cm以内)に収まるようにたたみましょう。洋服に下敷きを乗せて、それに沿って折りたたんでいくと、薄くてきれいにたためます。ビニール袋に入れ、封筒で梱包したらでき上がり。下敷きの抜き忘れには注意してくださいね。

サイズが合わない箱はカスタマイズする

段ボールのサイズが合わないときは、折り曲げたり、カットしたり、2つの段ボールを組み合わせたりしてカスタマイズしましょう。商品サイズにピッタリの箱を用意できるため、送料を抑えられますよ。

商品ごとに異なる梱包のポイント

梱包のポイントは、商品ごとに違います。下記にて例をまとめたので、ぜひご覧ください。

書籍・本

書籍・本は水濡れに弱いため、必ずビニール袋に入れ、緩衝材で包んでから宅配専用ボックスやクラフト封筒、段ボールに入れましょう。できるだけ厚みが出ないよう、緩衝材の端を丸めるなど工夫することがポイントです。

複数冊まとめて送る際は、ラップを使って塊にしましょう。汚れや水濡れなどによる破損リスクを下げられるほか、しっかり固定できるので配送中に傷ができたり折れたりする心配がありません。段ボールに詰める際は、緩衝材で包み、隙間に緩衝材や新聞紙を詰めてください。

ポストカードなどの紙もの

ポストカードやブロマイドは段ボール板(台紙)で挟み、ビニール袋で包んだのち封筒に入れます。ポスターは丸めてビニール袋に入れ、筒状の箱に梱包しましょう。

ポストカードやブロマイド、ポスターなどの紙ものは、折れたり曲がったりしないように注意が必要です。商品のサイズにピッタリの封筒や箱を使用してください。

衣類

薄手の衣類はきれいにたたみ、ビニール袋に入れたら、中身が見えない厚手の袋または封筒に入れて発送します。衣類は薄く、小さくできるので、箱よりも袋で発送するほうがコストを抑えられます。

ぬいぐるみ

ビニール袋にぬいぐるみを入れて、端をテープで留めます。透明のテープを使うと、ぬいぐるみが見えて見栄えがよくなります。段ボールは、ぬいぐるみのサイズにピッタリのものを選びましょう。

化粧品

化粧品は破損リスクが高い商品なので、緩衝材で包みましょう。また液体の場合、キャップが外れると別の荷物にも影響が出るため、ビニール袋に入れてください。

家具・家電

家具や家電は、緩衝材で包んでから梱包します。箱に入らないほど大きなものは、緩衝材で包んだあと、梱包用の段ボールを加工してから梱包しましょう。テレビのように破損が心配なものは、保護したい場所(液晶画面)に段ボール板を貼り、段ボールの隙間に緩衝材や丸めた新聞紙を入れます。

段ボールに梱包し、2箇所を結束用のバンドで留めて持ち手をつくれば運ぶ際に安定するため、配送時の破損リスクを軽減できます。

また、家具や家電の梱包はプロに任せるのも賢い選択です。例えば、メルカリの「梱包・発送たのメル便」は集荷、梱包、搬出を一貫して任せられます。「梱包の仕方がわからない」「自分で梱包できない」「梱包資材が準備できない」という場合は、利用してみるのもいいですよ。

食器類・ワレモノ

食器類・ワレモノは、衝撃で破損してしまう可能性が高いため箱で送ります。一つひとつを緩衝材で包み、食器と食器の間にも緩衝材や丸めた新聞紙を詰めましょう。

家にある梱包資材を使うときは補足でメッセージを送ろう

家にある梱包資材を使う場合、「相手の方がどういう印象を抱くか気になる」という方もいるかもしれません。その際は、フリマアプリで購入した方に補足でメッセージを送ってみてはいかがでしょうか。

メッセージ例文
・リサイクル資材にて梱包していますが、破損・衛生面に関して確認済みです。ご安心ください。
・梱包後、空気を抜きやすいように内装袋に小さな空気穴を開けています。
・サイズが合う梱包資材がなかったため、未使用の紙袋を使っています。

このほか、梱包資材に直接メッセージを記載するのもおすすめです。手書きでもいいですが、スタンプを使うと字体が安定しますし、毎回書く手間を省けます。

ビジネス用キャップレスB型

ビジネス用キャップレスB型
ビジネス用キャップレスB型

シヤチハタの「ビジネス用 キャップレス B型 ヨコ」は、郵便・運送の現場で役立つスタンプ印面を注文できます。シンプルな印面デザインなので、幅広いシーンで活躍しますよ。

組み合わせ印

組み合わせ印
組み合わせ印

また、「組み合わせ印 0759号(7×59mm) ヨコ」も住所や名前を記載する手間を減らせるためおすすめです。便利なスタンプを手元に置いて、フリマアプリの梱包・発送作業を楽しく行いましょう。

購入した方への気遣いや感謝の気持ちを「OKURO」で伝えよう

「購入してくれた方へ感謝の気持ちを伝えたい」という方には、シヤチハタの「おくるときに押すスタンプ OKURO」がピッタリです。

おくるときに押すスタンプ OKURO

おくるときに押すスタンプ OKURO
おくるときに押すスタンプ OKURO

OKURO」を使えば、お礼状などにかわいいメッセージを簡単に押すことができます。スタンプの印面サイズによってデザインが異なり、Sサイズはシンプルな一言タイプ、MサイズやLサイズはメッセージや枠などのデザインが用意されています。

さらに、「OKURO」は配達する方に向けたケアマークやメッセージの印面デザインもあります。

ちょっとしたことではありますが、みんながうれしくなる温かな気遣いといえるでしょう。フリマアプリやネットショップで商品を出品している方は、ぜひお手元に一つ置いてみてはいかがでしょうか。

OKUROについて詳しく知りたい方はこちら

フリマアプリ(メルカリ など)では丁寧な梱包を心がけよう

フリマアプリ(メルカリ など)では、購入した方への配慮が伺える丁寧な梱包を心がけましょう。「大事にしているんだな」「こちらに配慮してくれたんだな」と、好印象を抱いてもらいやすくなります。高い評価につながれば、次の取引もスムーズですし、リピーター獲得にもつながるはずです。

スタンプなども活用しながら、自分のカラーを発揮したステキな梱包を試してみてくださいね。

フリマアプリ商品に同封するお礼状について詳しく知りたい方はこちら