ShachihataMedia > CORPORATE(法人のお客様に向けた記事) > NOVELTY > 卒業記念品に名入れの文具を!グッズ選びの注意点とおすすめ5選

卒業記念品に名入れの文具を!グッズ選びの注意点とおすすめ5選

卒業記念品に名入れの文具を!アイテム選びの注意点とおすすめ5選

多くの学校では周年行事や卒業式に際して記念品を用意しますが、初めてその準備を担当する方の中には「何を選べばいいか迷う」「発注までの手順がわからない」という方もいるかもしれません。

そこで今回は、卒業記念品選びで気をつけたいこと、名入れの種類、発注する際の注意点、おすすめ文具についてご紹介します。卒業記念品を準備する学校関係者の方は、ぜひご一読ください。

卒業記念品に何を選ぶ?アイテム選びで気をつけたいこと

一般的に、卒業記念品は学校の先生やPTA役員の協議で決まります。このとき、先生や役員の趣味趣向で選ぶと、肝心の受け取る学生にとっては使いづらいものになってしまう可能性があります。

卒業記念品はもらうのも、使用するのも学生です。学生がもらってうれしいと感じるものと、先生や役員がもらってうれしいと感じるものには多少なりともギャップが存在します。世代間の開きが大きければ大きいほど、「センスがないから使いたくない」ものを選んでしまう可能性が高まるでしょう。

学生たちは思考が柔軟で、流行の最先端にいます。そんな学生と、先生やPTA役員だと思いつく記念品のアイテムにどうしても差が生じてしまうものです。前例にならうだけではなく、学生の声に耳を傾け、お互いに納得できる実用的なものを探してみてください。

卒業記念品の名入れには2種類ある

「卒業記念品に名前を入れよう」と考える方は多いですが、名入れには種類があります。以下を参考に、アイテムの使用シーンなどを考慮して選びましょう。

学校名やロゴなど「同じ内容」を入れたもの

一つは、全ての卒業記念品に「同じ内容」を入れたものです。

例)
・〇〇年卒業記念 △△高等学校
・□□私立△△高等学校 令和◯年度 卒業記念

同じ内容を入れる場合、学校名が選択されるケースが多いです。印刷可能範囲に収まる文字数であれば大丈夫ですが、一般的に学校名は漢字が続くため、文字が小さくつぶれてしまわないよう注意が必要です。

学校名はわかりやすい思い出の品になるでしょうが、学生の中には「出身学校を知られたくない」「使用しづらい」と感じる方も少なくありません。英語表記にする選択肢もあるため、名入れの内容はじっくり考えて進めましょう。

名前など「個別に違う内容」を入れたもの

もう一つは、全ての卒業記念品に「違う内容」を入れたものです。

例)
・卒業生の名前をそれぞれに刻印する

学生数が多いマンモス校などでは管理が難しくなりますが、学生の名前を個別に入れた卒業記念品を用意するのも特別感があっていいでしょう。

ただし、名入れ方法によっては一つあたりの費用が高くなる可能性もあります。注文する前に、どの程度の費用がかかるのか、あらかじめ相談と確認をしておくことが大切です。

名入れ文具を発注するときの注意点

名入れの文具を発注する際は、以下の点に注意しましょう。

長く使えるかどうかを想定する

さまざまな学校の卒業記念品に、名入れの文具が選ばれています。とくに、高級感のあるペンは実用的かつ長く愛用できることから、学生の満足度も高い傾向にあります。

しかし、「目立つ位置に大きく学校名などを入れると、人前では使いづらい」といった声も多く挙がっています。名入れの大きさや表記、文具のデザインなどにも考慮して、社会人になっても持ち歩けるものを選びましょう。

事前に予算を確保する

卒業記念品をつくる際は、予算組みをしっかり行いましょう。記念品の予算相場は、およそ2,000〜10,000円程度です。

名入れの方法には印刷と彫刻がありますが、それぞれでコストや名入れできる素材は異なります。仮にいいと思うアイテムを見つけても、方法によってコスト高になる可能性もあります。

予算との兼ね合いを考えてグッズを選ばなくてはならないため、予算組みを含め、準備はなるべく早めに進めましょう。予算調整のために、事前に見積もりを出してもらうのも有効です。

卒業記念品にピッタリ!名入れ文具5選

こちらでは、卒業記念品にふさわしい名入れ文具を5つご紹介します。

ネームペン プリモ

ネームペン プリモ
販売価格 ¥1,980

シヤチハタ「ネームペン プリモ」は、滑らかな書き心地とシンプルなフォルム、上品でカジュアルな色づかいが魅力のボールペンです。ボールペンとネーム印が一本になっているため、プライベートやビジネスシーンに役立ちます。

ボディーカラーは全5色。創立記念や卒業記念、成人記念、就職祝いの贈りものとして人気が高く、実用的で高品質なことから導入されています。

ボディーカラー 5色/ホワイト、パールブルー、パールピンク、ブラック、シルバー
書体 8種類/楷書体、行書体、隷書体、古印体、明朝体、角ゴシック体、丸ゴシック体、てん書体
インキ色 6色/朱色、黒、緑、赤、藍色、紫
レイアウト 30種類

ネームペン キャップレスエクセレント

ネームペン キャップレス エクセレント
販売価格 ¥5,060~10,450

シヤチハタ「ネームペン キャップレスエクセレント」は、スタイリッシュでおしゃれなデザインが特長のボールペンです。上部にはネーム印が付いており、スライド式キャップレスなので、片手で印面を出してなつ印作業を行えます。

シャープペンシルと油性ボールペン、直径9㎜のネーム印が内蔵されているため、大抵の業務にこれ一本で対応できるでしょう。

大人っぽくて美しいボディーカラーは、全部で7色展開です。シンプルな配色になっているため、どの色を選んでも喜んでもらえるでしょう。

なお、こちらの商品はギフトケース付きで、無料ラッピングも可能です。

ボディーカラー 7色/ワインゴールド、シャインシルバー、シャンパンゴールド、オレンジ、ブルー、マットブラック、シルバー
書体 9種類/楷書体、行書体、隷書体、古印体、明朝体、角ゴシック体、丸ゴシック体、てん書体、勘亭流
インキ色 6色/朱色、黒、緑、赤、藍色、紫
レイアウト 30種類

ネームペン・パーカー プラウディ

ネームペン・パーカー プラウディ
販売価格 ¥6,710~7,370

シヤチハタ「ネームペン・パーカー プラウディ」は、英国王室御用達の高級筆記具ブランド「PARKER(パーカー)」とのコラボレーションアイテム。油性ボールペンにネーム印を組み合わせた、ビジネスの場にふさわしい一本となっています。

流れるようなボディーラインは美しく、大人っぽいシックなデザインと色づかいが、落ち着きの中に華やかさをプラスしています。インキ補充もできるので、長く愛用できますよ。

高級感のあるギフトケースが付いているので、贈りものや記念品に最適です。

ボディーカラー 4色/レッドCT、ブルーCT、ブラックCT、シルバーCT
書体 9種類/楷書体、行書体、隷書体、古印体、明朝体、角ゴシック体、丸ゴシック体、てん書体、勘亭流
インキ色 6色/朱色、黒、緑、赤、藍色、紫
レイアウト 30種類

ネーム9 ギフト

ネーム9 ギフト(ギフトケース付き)
販売価格 ¥3,300

シヤチハタ「ネーム9 ギフト」は、木目調組箱に熨斗(のし)を巻いた専用ギフトケースに入っています。特別感が伝わるため、巣立ちを祝う卒業記念品におすすめです。

ネーム印の本体のデザインは、日本の四季をイメージしています。

春の桜「桜花柄(おうか)」
夏の海「青海波柄(せいがいは)」
秋の紅葉「紅葉柄(もみじ)」
冬の雪「雪華柄(せっか)」

どのデザインもすてきですが、卒業記念品を贈る時期や誕生日などに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

ボディーカラー 4色/桜花柄、青海波柄、紅葉柄、雪華柄
書体 9種類/楷書体、行書体、隷書体、古印体、明朝体、角ゴシック体、丸ゴシック体、てん書体、勘亭流
インキ色 6色/朱色、黒、緑、赤、藍色、紫
レイアウト 30種類

ネーム9 Vivo

ネーム9 Vivo
販売価格 ¥3,960

シヤチハタ「ネーム9 Vivo」は、洗練された雰囲気が魅力のネーム印です。大人っぽさと高級感のあるマットな質感が、商談や会議などのビジネスの場にも自然になじみます。ボディーカラーとデザインはシンプルですが、存在感は抜群です。

ボディーカラーは全6色展開です。社会へと巣立つ学生への卒業記念に、ぜひエレガントで上質な一本を贈ってみてはいかがでしょうか。

ボディーカラー 6色/ホワイト、ブラック、ブラウン、マットシルバー、メタリックブルー、メタリックレッド
書体 9種類/楷書体、行書体、隷書体、古印体、明朝体、角ゴシック体、丸ゴシック体、てん書体、勘亭流
インキ色 6色/朱色、黒、緑、赤、藍色、紫
レイアウト 30種類

卒業にふさわしい名入れ文具を記念品にしよう

名入れの卒業記念品は、卒業生にとって母校を思い出せる特別な品になります。長く使ってもらうためにも、学生が喜ぶもの、もらって困らないものを贈ることを意識してください。実用的かつ長く愛用できる文具は、卒業記念品にふさわしいアイテムといえるでしょう。

来年3月、それぞれの道へ巣立つ卒業生たちへ、心からのエールを込めた記念品を贈ってあげてくださいね。