ShachihataMedia > PERSONAL(個人のお客様に向けた記事) > HOME > キャラクターをつくろう!手形アートが映える素材とクラフト方法

キャラクターをつくろう!手形アートが映える素材とクラフト方法

子どもの成長をリアルな形に残せる「手形アート」は、人気が高まっています。さまざまなモチーフがありますが、キャラクター(動物)はとくに人気です。また、手形アートは画用紙以外にもきれいに映えるので、誕生日や記念日などの贈りものにする際は素材にも工夫してみるとより魅力が伝わるはずです。

今回は、手形アートで人気のキャラクター(動物)、贈りものにぴったりの素材、プラ板を使った手形キーホルダーのつくり方、おすすめのクラフトアイテムなどをご紹介します。手形アートに挑戦しようと思っているママ・パパは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

手形アートで人気のキャラクター&動物は?

手形アートで人気のキャラクター(動物)は、以下の通りです。

サカナ

「サカナ」は、工夫次第でいろいろな見せ方ができます。インキの色を変えたり、縦縞や斑点を付けたりすれば、マンボウやクジラ、ジンベイザメ、クマノミなどたくさんのサカナ・海の生物にアレンジ可能です。

指の部分がひらひらしたヒレのように見えるので、動きのある手形アートに。指の開き具合を変えたり、手形を押す角度を変えたりするだけで、さまざまな表情を見せてくれますよ。

もちろん親子で空想のサカナをつくってみるのもおすすめです。子どもの想像力を養ういい機会になるでしょう。

ゾウ

大きくて力強い「ゾウ」は、男の子の手形アートで選ばれやすいキャラクター(動物)です。青や水色を使ってポップに仕上げたり、灰色のインキを使ってかっこよく仕上げたりと、インキの色で印象が変わります。ゾウのやさしい目元は、温かみのある手形アートにマッチしますよ。

1色でつくることが多いですが、白を混ぜて所々グラデーションを付けたり、鼻の先に赤いペンでりんごなどのフルーツを描いたりすれば、見た目を華やかにできますよ。

ウサギ

ほんわかした雰囲気がかわいい「ウサギ」の手形アートは、女の子の手形アートで選ばれやすいキャラクター(動物)です。ピンクが選ばれることが多いですが、青や灰色にしたり、黒い画用紙に白いインキで押したりすれば、クールでかっこいいうさぎの手形アートをつくれますよ。

顔を描けば正面を向いたうさぎにできますし、尻尾を描けば後ろ向きのうさぎにもできます。向きが違うだけで雰囲気がガラッと変わるので、手形アートをする前に簡単なスケッチで構図を決めておくとよいでしょう。

画用紙だけじゃない!手形アートが映える素材

手形アートが映えるのは、画用紙だけじゃありません。以下の素材を使えば、すてきな手形アートをつくることができます。

ポストカード

手軽にアート感を出したいなら、ポストカードがおすすめです。0〜3歳くらいまでの子どもなら、問題なくポストカードに手が収まりますよ。

ポストカードのいいところは、切手を貼ったり封筒に入れたりして、ポスト投函で郵送できる点です。直接メッセージを書いたり、写真や手紙を添えたりすれば、祖父母など離れて暮らす親族にも幸せをお裾分けできます。

ポストカードサイズのフレーム(額縁)が100円ショップなどで売っているので、インテリアとしてお部屋に飾って楽しめます。長く心を満たしてくれるアイテムになるでしょう。

ファブリックパネル

ファブリックパネル(ボード)とは、木製のパネルにファブリック(布)を貼った北欧生まれのインテリア。絵を飾るように壁に掛けたり、棚の上に立てかけたりします。

白無地のファブリックパネルを選び、カラフルな手形アートを施せば、あっという間におしゃれなインテリアができ上がります。キャンバス生地のファブリックパネルなら、よりアート感が出てすてきですよ。

数字やアルファベットのスタンプで飾り付けたり、文字や絵を描いたりして、かわいく飾り付けしましょう。キャンバス生地は縫うこともできるので、縁に刺繍を施してオリジナリティを出すのもおすすめです。

コルクボード

コルクボードは、ブラウン系のナチュラルな色合いとざらっとした質感が魅力的。素材自体に色があるので、見えにくくなってしまわないように濃い色のインキや絵の具がおすすめです。大きなものを選べば、数人で一緒に手形・足形を押すこともできますよ。

コルクボードに直接手形・足形を取るのではなく、一度紙に押してから切り取ればレイアウトを考えながらデコレーションを楽しめます。さらに写真を貼ったり、縁をマスキングテープで飾り付けたりと工夫次第で華やかに仕上がります。ペンやクレヨンを使って名前や日付を書き入れてもよい記念になるでしょう。

大きさの異なるコルクボードを複数枚使い、蝶番を付ければ、カフェ風の扉が付いたコルクボードにすることも可能です。内側のコルクボードには手形アートを、外側のコルクボードには手形をとったときの写真を貼ってもすてきですよ。

手形アートを使ったギフトカードのつくり方

手形アートは、贈りものに最適です。ここでは、手形アート作家 やまざき さちえ さんに考案いただいたギフトカードのレシピをご紹介します。

用意するもの

PalmColors みどりいろ
フォトマーカー
・色画用紙(ワニ用…白、カード用…お好みの色)
・子どもの笑顔の写真
・お好みのマスキングテープ
・はさみ

つくり方

1.白い画用紙に手形をとり、人さし指の上に指で「ワニの目」を足します。

2.お好みのマスキングテープを切り貼りしてワニのうろこと歯をつくり、余白を切ります。

3.子どもの写真にメッセージやイラストを描きましょう。

4.半分に折った画用紙の折り目部分に長方形にカットした画用紙を貼り、そこにワニを貼り付けて飛び出す仕掛けをつくりましょう。

5.写真を貼り、メッセージを書いたマスキングテープで装飾します。

6.完成です。

ハンドメイドレシピについて詳しく知りたい方はこちら

キーホルダーにしよう!プラ板でつくる手形アート

「子どものかわいい手形・足形をキーホルダーにできたら…」と考えるママ・パパもいるかもしれません。通常、手形アートは紙や布などにインキを使って手形をとり、マスキングテープやシールなどで飾り付けするものですが、プラ板(プラスチックの板)を使えばキーホルダーにすることも可能です。

ここでは、プラ板でつくる手形・足形キーホルダーのつくり方をご紹介します。

用意するもの

・プラ板
PalmColorsもしくは、水性絵の具
・筆
・紙やすり
・はさみ
・穴あけパンチ
・トースター
・アルミホイル、クッキングシート
・本
・キーホルダーのパーツ

つくり方

1.プラ板を切り、紙やすりをかける

手形サイズにプラ板をカットし、紙やすりをかけましょう。水性絵の具はプラ板になじみませんが、紙やすりをかけることで絵の具が安定します。紙やすりをかけた後の粉は、きれいに拭き取りましょう。

2.プラ板に手形をスタンプする

紙やすりをかけたプラ板に、手形・足形をスタンプしましょう。インキが多いとでき映えがきれいにならないので、薄めに塗ってください。

しっかり乾いたら、名前や日付などを書き込みます。手の形にそってはさみでカットしたら、チェーンを通すところに穴を開けましょう。

3.トースターで焼く

トースターにくしゃくしゃにしたアルミホイルを入れ、そのうえにクッキングシートを敷いて、トースターを予熱したら、プラ板を置きましょう。加熱から数秒経つとプラ板が縮みますが、取り出さずに見守ってください。

4.形がまっすぐになったら取り出す

クッキングシートごと取り出し、本の間に挟んで形を平らに整えましょう。

5.開けた穴にパーツを取り付ける

キーホルダーのパーツを取り付けたら、完成です。

プラ板は、焼く前と焼いた後で大きさが4分の1になります。色が濃くなるので、手形をとるときは絵の具やインキの付けすぎに注意しましょう。

「シンプルな手形がいい」という方は、手の縁を線で型どる方法がおすすめです。紙に手形をとり、プラ板に重ねて油性ペンでなぞったら、手形に沿ってプラ板をカットします。油性ペンで色を塗ったり、文字を書いたりしたら、上記3以降の手順どおりに進めましょう。

手形アートが楽しくなる!クラフトアイテム

ここでは、手形アートにおすすめのクラフトアイテムを3つご紹介します。

FirstArt 色紙サイズ

FirstArt 色紙サイズ
希望小売価格 ¥2,300+消費税

シヤチハタ「FirstArt 色紙 ウサギとクジャク」は、ウサギとクジャクの手形アートがつくれる制作キットです。台紙や木製フレーム、スタンプパッド(ももいろ・そらいろ)、飾り付け用のシール&専用ペンなど、必要なものがすべてセットになっているので、これだけで手形アートが始められます。

スタンプパッドは、手形アート専用なので安心して使えますよ。発色が鮮やかなのもポイント。にじみづらく、色褪せにくいので、長い期間きれいに保存することが可能です。

同シリーズに「2ひきのサカナ」と「ネコとチョウ」があるほか、「FirstArt A5サイズ」もあるので、お好みで選んでみてくださいね。

FirstArt A5サイズ
希望小売価格 ¥1,600+消費税

PalmColors

PalmColors
希望小売価格 ¥700+消費税

シヤチハタ「PalmColors」は、手形アートのためのスタンプパッド。お肌への刺激が少ない水性顔料系インキを使っており、水洗いやウェットティッシュなどで簡単に落とせるので、赤ちゃん(子ども)にも安心して使用できます。

インキは耐水性・耐光性に優れているので、にじみや色褪せの心配はありません。約50回使用できるタフさと、塗布しやすい傾斜型ヒンジ構造を採用している点も嬉しいポイントですよ(使用回数は手のひらの大きさや使用状況・環境によって差がある)。

なお、カラーは全部で10色あるので、手形アートのモチーフに合わせて、好きな色を揃えてみてください。

布描きマーカー 6色セット

布描きマーカー 6色セット
希望小売価格 ¥1,200+消費税

シヤチハタ「布描きマーカー」は、布のバッグや巾着へのデコレーションに使用できます。耐水性と耐光性に優れており、にじみにくく、描きやすいので、きれいに文字やイラストを描くことができますよ。布に描いた後、中温でアイロンをかければ耐洗濯性がよくなるので、手形アートを利用したオリジナルTシャツづくりにも活用できるでしょう。

単品購入も可能なほか、「蛍光・パステル色セット」もあるので、お好みで揃えてみてくださいね。

空想のキャラクターを考えて手形アートにオリジナリティをプラスしよう

手形アートのモチーフは、さまざまです。とくに動物のキャラクターが人気なので、初めて手形アートに挑戦する方は簡単な動物のキャラクターからチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

また、ほかとは違うオリジナルの手形アートをつくりたいという方は親子で一緒に空想上のキャラクターをつくってみましょう。手形・足形を見て子どもがどんなモチーフを想像するのかを考えると、ワクワクしますよね。

親子で一緒にやることで、子どもの好奇心や共存感を満たすことができます。ぜひ、楽しみながら手形アートにチャレンジしてみてくださいね。

手形アートについて詳しく知りたい方はこちら