ShachihataMedia > PERSONAL(個人のお客様に向けた記事) > クラフト > 珪藻土コースターのメリットや注意点とは?自作キットもご紹介

珪藻土コースターのメリットや注意点とは?自作キットもご紹介

珪藻土コースターのメリットや注意点とは?自作キットもご紹介

近年、高い吸水力を持つ珪藻土(けいそうど)のコースターが人気です。コップの水滴をしっかり吸ってくれるので、家具の素材がガラスの場合は水アカを、木材の場合は傷みなどを防ぐことができます。お手入れをきちんとすれば長く愛用できるため、コストパフォーマンスの面からも優れたアイテムといえるでしょう。

今回は、珪藻土の概要やメリット、手作りキットなどについてご紹介します。お手入れの方法や取り扱いの注意点についてもご紹介していますので、興味のある方はぜひご覧ください。

珪藻土とは

珪藻土は、海や湖などに生息していた藻類の一種「珪藻(けいそう)」の殻の成分が水底に沈殿して積み重なり、長い時をかけて化石化したものです。

珪藻土の主な成分は「二酸化ケイ素」です。古くより高い吸水性・調湿性、耐火性や断熱性で知られ、建材からビールのろ過材まで身のまわりのさまざまなものに活用されてきました。

珪藻土のメリット

珪藻土のメリットは、「吸水性・調湿性」「脱臭・消臭」「耐火性・断熱性」、さらに「メンテナンスのしやすさ」があります。

吸水性・調湿性

珪藻土は、多孔質構造になっています。ナノメートル単位の小さな穴が無数に開いており、空気中の余計な水分を吸収する性質があります。さらに、吸収した水分が一定量を超えると反対に水分を放出するため、常に表面がサラサラとしているのです。湿度が高いときは湿気を吸収し、湿度が低くなれば吸収した湿気を放出することで優れた調湿性を発揮します。

脱臭・消臭効果

珪藻土は空気中の水分だけではなく、ニオイの原因となる物質も吸収してくれます。また、調湿性によって菌の繁殖を防ぐことにもつながるので、脱臭・消臭効果が期待できます。

耐火性・断熱性

珪藻土は火に強い(=耐火性に優れている)という性質もあります。熱に強く、燃えにくいのは、珪藻土の融点が約1250度と高いから。さらに不純物を含まない珪藻土であれば、仮に燃やしたとしても有害物質が発生するような煙は出しません。

メンテナンスのしやすさ

珪藻土はすぐに乾くため、使用したあとはサッと拭くだけでお手入れできます。定期的に陰干しすれば長持ちしますし、吸水力が低下した場合も表面を軽く削るだけで吸水力が戻るので、メンテナンスが簡単です。

珪藻土コースターのメンテナンス方法

最近ではその吸水性や調湿性から、珪藻土を活用したコースターが人気です。使用後の乾きが早くメンテナンスも簡単ですが、長持ちさせるためには注意点があります。

お手入れ方法

珪藻土コースターを使用したあとは、しっかりと乾かしましょう。水分を含んだまま保管するとカビが発生してしまうことがあるため注意が必要です。定期的に風通しのいい場所で陰干しするのがおすすめです。夏場は2週間に1回、冬場は1週間に1回程度が目安になります。天日干しをすると割れやすくなることがあるので、避けたほうがよいでしょう。

陰干しが難しい場合は、電子レンジを活用してみてください。コースター1枚あたり500wで10〜20秒ほど温めて、そのまま乾燥させます。吸収した水分の影響から表面に水が浮くことがありますが、その際はきれいな布などで拭き取ればOK。高温になっているので、火傷しないように注意してくださいね。

吸水力が低下したときの対処法

使い続けていると吸水力が低下することがあります。そんなときは、表面を紙やすりで薄く削ってみましょう。

吸水力低下の主な原因は、料理などの油分や皮脂などによる目詰まりです。紙やすりで表面を削ることで目詰まりした部分を除き、吸水力を取り戻すことができます。

表面を削ったあとは、から拭きをしてください。水拭きをすると削って出た粉が水分と一緒に中に入ってしまい、再び目詰まりしてしまう可能性があります。

洗いたい時は洗剤などを使用せず、水だけで洗い流すようにしましょう。洗剤も目詰まりの原因になる可能性があります。また、水またはお湯に浸したまま放置したり、大量の水をかけたりすると、脆くなるおそれがあるので注意しましょう。

珪藻土コースターを手作りしてみよう

シヤチハタの「珪藻土コースター手づくりキット」を使用すれば、自宅で簡単に珪藻土コースターがつくれます。

珪藻土コースター手づくりキット
販売価格 ¥550

紙コップに水と珪藻土粉末を混ぜ、型に流し込んで3時間〜1日放置するだけなので、つくり方は簡単です。初心者や子どもでも手順を迷うことなく制作できます。キット一つで、コースターを2枚つくることができますよ。

珪藻土は日本製でアスベストは含まれていないので、安心してコースターづくりを楽しめます。

でき上がったコースターにスタンプを押したり、油性マーカーで絵を描いたり、絵の具を混ぜて色をつけたりとアレンジ可能。世界に一つだけのオリジナリティあふれる珪藻土コースターに仕上がります。

ただし、油性マーカーで全面に色を塗ると、吸水性が落ちる可能性があるため注意が必要です。コースター全面に色をつけたい場合は、水と珪藻土粉末を混ぜる際に耐水性の絵の具を混ぜましょう。容器を二つに分けて液をつくれば、マーブル模様にすることもできますよ。

珪藻土コースター 手づくりキットのアレンジレシピはこちら(Ver.1 / Ver.2
珪藻土コースター 手づくりキットについて詳しく知りたい方はこちら

珪藻土コースターで生活をちょっと快適に

珪藻土を使用したコースターはコップの水滴をしっかり吸ってくれるので、デスクやテーブルまわりを快適にするサポートをしてくれます。

シヤチハタの「珪藻土コースター手づくりキット」を使用すれば、初心者や子どもでも気軽に挑戦できます。家族で過ごすおうち時間のおともに、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。