ルアーの塗料はどれがいい?リペイントで釣りをもっと楽しもう

ルアーの塗料はどれがいい?リペイントで釣りをもっと楽しもう
ルアーの塗料はどれがいい?リペイントで釣りをもっと楽しもう
2024.03.14(更新日 2024.05.28)

「いい動きのルアーだけど、カラーを少しアレンジしたいな」と感じたことはありませんか?

市販のルアーは色が決まっているので、自分の好みにぴったりなものが見つからないときもありますよね。そんなときにおすすめなのが、自分でルアーを塗装することです。

本記事では、ルアーの塗装をしたい方向けに塗料の種類を解説しています。本格的にやりたい方、手軽にやりたい方それぞれに適した方法をご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

ルアーの塗装に使う塗料の種類

ルアーの塗装に使う塗料は、いくつか種類があります。特徴やメリット・デメリットを踏まえて、適したものを選択しましょう。

  • ウレタン塗料(油性)
  • アクリル塗料(水性)
  • ラッカー
  • マニキュア
  • 缶スプレー
  • 油性ペン

ウレタン塗料(油性)

ウレタン塗料は、ウレタンポリマーをベースにしている油性の塗料です。ウレタンポリマーはプラスチックの一種で、正式には「ポリウレタン」といいます。

ウレタン塗料は耐久性に優れているため、水中での使用や釣りに適しています。硬さもあり、傷や汚れにも強いため、ルアーを長くきれいに保つのにもおすすめの塗料です。また、均一なカラーリングが得意なので、色ムラなくルアーを塗装したいときにも活躍します。

一方で、速乾性には優れておらず、乾くまで数日~数週間かかることもあります。余裕をもったスケジュールで使用する必要があります。

アクリル塗料(水性)

アクリル塗料は、アクリル樹脂を主成分とした水性の塗料です。カラーバリエーションの豊富さに加え、安価で手に入るのが特徴。ウレタン塗料と比べると、速乾性にも優れています。

一方でウレタン塗料よりも耐久性が低いため、塗料が剥がれることがあります。水性なので、水中で使うルアーに使用すると劣化が早いのも気になる点といえるでしょう。初めてのルアー塗装や細かいペイントにおすすめの塗料です。

ラッカー

ラッカーは、揮発性の高い溶剤を使用した塗料です。速乾性が高いので、効率よく作業できるメリットがあります。また、耐久性も高く、傷や摩擦から守ってくれるのもポイントです。美しい光沢をもつので、ルアー塗装の仕上げとして使うのに向いています。

デメリットは、シンナーの匂いが強いこと。防毒マスクをして、吸い込まないように気をつける必要があります。とはいえ、どの塗料を使うときでも環境を整える必要があるため、大きなデメリットとはいえないでしょう。

マニキュア

爪に塗るマニキュアも、ルアーの塗装に使えます。エナメル系、ラッカー系があるため、種類を確認してから購入しましょう。どちらもうすめ液で粘度を調整して使用する必要があります。

缶スプレー

缶スプレーは、手軽に色を塗りたいときにおすすめの塗料です。油性の缶スプレーを使えば、エアブラシやコンプレッサーがなくても塗装できます。色を塗りたくないところには、マスキングテープを貼れば塗り分けも簡単です。本格的な塗装と比べれば耐久性は劣りますが、低コストでルアーを塗装したいときに便利なグッズです。

油性ペン

油性のペンを使うのもおすすめです。缶スプレーよりも、もっと簡単に塗装できます。油性ペンは細かいところから広いところまで幅広く対応可能なので、アレンジしやすいのもポイントです。他の塗料と違って、釣りをしているときに天候やフィールドの状況を見て、色を変えられるのもメリットといえます。

ルアーの塗装に関する注意点

ルアーの塗装をする際の注意点を2つ解説します。安全にルアーを塗装するためにも、しっかり把握しておきましょう。

  • 塗料を使うときは安全面に気を付ける
  • 色止めが必要

塗料を使うときは安全面に気を付ける

塗装するときは安全面に気をつけましょう。室内で作業する際は必ず換気をしてください。塗料が肌につかないように手袋・長袖の服・マスク・ゴーグルなどで覆うことも重要です。また、自宅に小さな子どもやペットがいる場合は、作業している部屋に入らないよう配慮することも必要でしょう。

色止めが必要

ルアーの塗装をする際は、色止めをしてください。最後のコーティング時に塗料が流れてしまうことを「色流れ」と言い、色流れが起きないように行うのが「色止め」です。薄く膜を張ることで、塗料が流れてしまわないようにします。色止めは、専用スプレーを使ったりニスを塗ったりするのが一般的です。せっかく塗った塗料が流れてしまうのは悲しいので、必ず色止めをしてくださいね。

ルアーの塗装方法をもっと詳しく知りたい方はこちら

ルアーの塗料にケイムラを使うのは有効?

ケイムラとは、「特殊蛍光O-AN」という蛍光体を含む塗料のことをいいます。紫外線を当てると青白く発光することから、「蛍光紫=ケイムラ」と呼ばれています。少しでも光があれば発光するため、昼間・夜問わず効果を発揮できるのが特徴です。天候やフィールド、狙う魚の種類によっては有効なので、ケイムラのルアーも持っておくのがおすすめです。

ケイムラカラーもある「Artline IREGUI MARKER(イレグイマーカー)」

Artline IREGUI MARKER(イレグイマーカー)」は、釣果を伸ばしたいアングラーにおすすめの釣り専用ペンです。耐久性・速乾性に優れた油性塗料を使用しており、手軽にルアーの着色ができます。ペン先は曲面も塗りやすい専用設計のブラッシュタイプを使用。曲面のあるルアーでもきれいに色塗りが可能です。

カラーは全9色。定番の「レッド」「イエロー」「ブラック」に加え、ケイムラカラーが6色もあります。中でも「ケイムラクリア」はルアーの色を変えることなくケイムラ加工を施せるので、1本持っておくと便利です。

釣り場でルアーの色を調整したいとき、ちょっと塗装が剥げてしまったところを塗り直したいときに重宝するアイテムですので、ぜひチェックしてみてください。

Artline IREGUI MARKER イレグイマーカー
Artline IREGUI MARKER イレグイマーカー
今なら大漁祈願をした『ロゴステッカー』をプレゼント中!

釣果を伸ばしたい釣り人必携!ルアーへの着色&ケイムラ(蛍光)加工マーカー
★★★★
レビュー(145)

塗料を使ってルアーを自分好みにチェンジ!

ルアーの塗装に使う塗料は、さまざまな種類があります。それぞれに特徴やメリット・デメリットがあるので、使いたい場面や重視するポイントに合わせて選択するのがおすすめです。本格的に塗装したいときはウレタンやアクリル、ラッカーを、手軽に塗装したいときはマニキュアや缶スプレー、ペンを使うといいでしょう。本記事の内容を参考にルアーをリペイントして、自分好みのものを追求してみてください。

 ✓ 話題の商品! 
petacchi

シヤチハタにお任せください