ShachihataMedia > PERSONAL(個人のお客様に向けた記事) > HOME > ハンドレタリングとは?練習方法とおすすめアートペン

ハンドレタリングとは?練習方法とおすすめアートペン

ハンドレタリングとは?練習方法とおすすめアートペン

近年、「ハンドレタリング」に注目が集まっており、おしゃれな手書き文字のメッセージカードなどをSNSで目にする機会も増えています。ハンドレタリングは活かせるシーンが多く、例えば毎日のスケジュール帳、アルバム、グリーティングカード、イベントのポスター、POPなどさまざまです。

そこで今回は、「ハンドレタリングの基本と魅力」「タイポグラフィー&カリグラフィーとの違い」「初心者にピッタリの練習方法」「おすすめのアートペン」についてそれぞれご紹介します。

ハンドレタリングを始めてみたい、新しい趣味を見つけたい、という方はぜひ読んでみてください。読み終わる頃には、きっと文字を書きたくなっているはずです。

SNSで話題!ハンドレタリングの基本と魅力

こちらではまず、 SNSで話題のハンドレタリングの概要についてご紹介します。

手でデザイン文字を書く「ハンドレタリング」

ハンドレタリングとはカリグラフィーの一種で、その名の通りペンでデザインされた文字を書くことです。フリーハンドで文字を美しく書くハンドレタリングのテクニックは、 手書きのグリーティングカードや年賀状などあらゆるシーンで活躍します。

「おしゃれなデザイン文字を書いてみたい」という方が楽しむ趣味として、 SNSなどで人気を博しています。

身近な筆記具と紙があればすぐに始められる

ハンドレタリングは、ブラッシュマーカー(筆ペン)やカラーペン、スケッチブックなど身近な文房具があればすぐに始められます。

ハンドレタリング専用のマーカーペンもありますが、初心者の方はまず身近にあるペンを使用して練習を始めてみましょう。慣れてきたら、専用ペンなどを使って本格的に取り組んでみてください。

また、スケッチブックや厚手のノートを使って練習すれば、ポストカードなどに書いたときと近い感覚を掴めるでしょう。もちろん通常のノートでも構いませんが、初心者の場合はガイドラインのある専用の練習シートを使用することをおすすめします。

お気に入りの書体を探すことが上達への第一歩

ハンドレタリングを上達させるには、お気に入りの書体を探すことが大切です。

書体には、ハンドレタリングで書いたようなものも数多くあります。さまざまな書体をチェックすることで、 アイデアのレパートリーが広がるでしょう。気に入った書体が見つかったら、見本をまねしながら練習してみてください。

文字のバランスを意識しながら毎日練習すれば、ハンドレタリング技術は驚くほど向上します。

タイポグラフィー&カリグラフィーとはどう違うの?

ハンドレタリングと似ているものに、「タイポグラフィー」と「カリグラフィー」があります。なんとなくわかっているようで明確な違いがわからない…、そんな方も多いのではないでしょうか。

そこで、以下ではタイポグラフィーとカリグラフィーについて簡単にご紹介します。それぞれの違いを知ることで、ハンドレタリングをより深く知ることができるでしょう。

活字を読みやすく美しく配置する「タイポグラフィー」

タイポグラフィーとは、活字を読みやすく、美しく配置して芸術性を表現することです。1455年頃、活版印刷とともに歴史がスタートしたといわれており、いまや街中にはタイポグラフィーを活用した広告や看板、印刷物があふれています。

なお、タイポグラフィーの中には、カリグラフィーやハンドレタリングも含みます。

文字を美しく書くための手法「カリグラフィー」

カリグラフィーとは、文字を美しく書くための手法です。ギリシャ語で「美しい書き物」という意味を持ち、「西洋の書道」とも呼ばれています。

特殊なペンと独特のタッチで描かれるアルファベットが魅力のカリグラフィー。古くは主に碑文や公文書などに使用されていましたが、現在では名刺やグリーティングカードなどにも活用されています。

また、近年はクラシカルなカリグラフィーだけでなく、より自由なモダンカリグラフィーも注目されています。

カラーマーカーなどを使って文字を華やかにデザインするモダンカリグラフィーは、自分らしい文字を追求・表現したい方にピッタリですよ。

初心者必見!ハンドレタリングの練習法

いざハンドレタリングを始めようと思っても、何から始めていいのか迷ってしまうかもしれません。紙とペンだけで始められる気軽さゆえ、とりあえず書いてみようと試す方も多いはずです。しかし、書いてみた結果、「思っていたのと違う」「上手に書けない」と悩む方も少なくありません。

せっかく始めるのだから上手になりたい、と思うのはあたりまえのことですよね。そこで、ここからはハンドレタリング初心者の方におすすめの練習方法をご紹介します。

初心者が練習するなら「練習用シート」がおすすめ

ハンドレタリングの練習を始めると、「おしゃれに見えない」「文字のバランスが難しい」などの悩みが出てきます。

フリーハンドの場合、ガイドがなければズレたり、文字のサイズがばらついたりと、いまいちな仕上がりになってしまいがちです。もちろん練習すれば徐々に慣れていきますが、効率よく練習したいなら「練習用シート」を使ってみてください。

ガイドラインが入ったシートを使って練習すれば、一つひとつの文字の大きさに統一感が出るほか、文字の幅を合わせやすいので文字の大きさをより細かく設定できます。

少しずつ慣れてきたら縦長の文字にしてみたり、詰まった印象の文字にしてみたりと自由に変化をつけてみましょう。なお、本番を意識してはがきやメッセージカードのサイズにも慣れておくと、全体のバランスを把握しやすくなりますよ。

How toコンテンツやワークショップも活用してみよう

How toコンテンツやワークショップの活用もおすすめです。YouTubeなど動画での解説は、テキスト学習とは違って動きがあるため、手順がわかりやすいというメリットがあります。作家さんの手元を見ながら練習できるので、上達も早いはずです。

ほかにもお気に入りの作家さんの文字をトレーシングペーパーの上からなぞったり、初心者向けに開催されているワークショップに参加してみたり、楽しみながら練習してみてください。

ハンドレタリングのレシピを知りたい方はこちら

ハンドレタリングにおすすめの筆記具

ハンドレタリングを始めるなら、道具にもこだわりたいですよね。モチベーションアップにつながるほか、さまざまな色を揃えることでアイデアが浮かびやすくなるでしょう。

シヤチハタの「Artline Stixブラッシュマーカー」「デコライト 筆」は、ハンドレタリング初心者におすすめです。ここでは、それぞれのペンの特長やカラーバリエーションなどをご紹介します。
※「シャチハタ」ではなく「シヤチハタ」です。

Artline Stixブラッシュマーカー

Artline Stixブラッシュマーカー
販売価格 ¥132

シヤチハタ「Artline Stixブラッシュマーカー」は、三角形のグリップが特長的なペン。握りやすく、ペン先の向きを変えずに書くことができます。筆芯が柔らかいので線の強弱もコントロールがしやすく、水性染料インキを採用しているので、グラデーション表現にも最適です。

カラーは全部で20色。定番のブルーやレッドはもちろん、明るい色合いがかわいいオレンジやイエロー、やさしい色合いのアプリコットやライトブルー、個性的なマゼンタやターコイズなどもありますよ。

影を付ける際に役立つダーク系カラーもあるので、ぜひお好みのカラーを揃えてみてくださいね。

デコライト 筆

デコライト 筆
販売価格 ¥132

シヤチハタ「デコライト 筆」は写真紙やプラスチック、木、陶器など、幅広い素材に使用できるペン。濃い色の紙にもきれいに書ける水性顔料インキで、グリーティングカードやポスターへのデコレーションにもピッタリです。柔らかい筆タイプで線に強弱がつけやすく、筆記線が乾けば重ね書きも可能です。

カラーは全部で20色。パステル系とメタリック系のカラーもあり、同じレッドでも異なる色合いや発色を楽しめます。

また、ゴールドやシルバー、ブロンズの金属系のカラーもあるので表現の幅が広がるはずです。楽しみながら作品づくりができますよ。

さっそくハンドレタリングを始めてみよう

特別な道具がなくてもすぐに始められるハンドレタリングは、手軽なクラフトアートを探している方にピッタリです。上達すればバースデーカードやクリスマスカード、年賀状などを書く際もきっと楽しめるはずです。

ペンと紙さえあればどこでもできるので、日常の隙間時間を使ってぜひチャレンジしてみてください。